不動産取引

不動産の売買、抵当権設定、賃貸借などを含めた不動産取引は、その金額が大きいことが多いこともあり、当事者となる個人の方だけでなく、企業の命運がかかってしまうことも珍しくありません。

このように重要な不動産取引に失敗しないためにも、相手方の選定の段階から、契約書作成、調印、実行などの全ての段階において、物件や相手方に潜むリスクなどにつき、弁護士によるきめ細やかなチェックが必要です。

不動産取引に際しては、できるだけ早い段階から弁護士に相談されることが望ましいでしょう。