通院先と治療内容について(整形外科、整骨院、マッサージ等)

交通事故に遭った場合、ムチ打ちなどの症状が残ることがあります。その場合、症状の改善のために通院治療を行います。

通院先には、整形外科整骨院接骨院整体マッサージなどがありますが、それぞれどのような違いがあり、どのような治療が受けられるのでしょうか。

今回は、整形外科や整骨院、マッサージなどの通院先とそれぞれの治療内容について解説します。

1.整形外科は「医師」が「治療」するところ

交通事故で怪我をした場合にまず通院する先としては、整形外科を思い浮かべることが多いでしょう。

整形外科はどのような院で、どのような治療を行ってくれるのでしょうか。

まず、整形外科の一番の特徴は、医師が診察してくれることです。

法律上、「治療行為」が出来るのは医師だけです。

よって、整形外科では医師の治療を受けることが出来ます。

具体的には、整形外科では医師による問診などの診察を受けて、レントゲン検査を受けたり、適切な薬剤の処方を受けることなどが出来ます。

これらの検査や薬の投与は、整骨院やマッサージなどの場所では受けることが出来ません。

2.整形外科が向いているケース

交通事故の傷害を負った場合で整形外科への通院が向いているケースは、交通事故に遭ってから比較的間がない急性の症状が出ているケースです。

この場合、早急にレントゲンなどで検査を受けた上で医師の診察を仰ぎ、適切な薬剤の投与などの「治療」を受ける必要があるからです。

3.整骨院、接骨院は「柔道整復師」が「施術」するところ

次に、整骨院や接骨院について見てみましょう。整骨院と接骨院は、同じです。

これらの院では「柔道整復師」による「施術」という治療類似行為を受けられます。

柔道整復師というのは、捻挫や打撲などの症状に冷罨法、温罨法、マッサージや物理療法等の施術を行うことで、整復や固定などをする人のことです。医師ではありませんが、国家資格をとっています。

整骨院では、整形外科のような治療は受けられませんが、柔道整復師による施術を受けることで、症状を改善することが出来ます。

4.整骨院が向いているケース

整骨院への通院が向いているのは、交通事故後しばらく経過して、症状が落ち着いた段階です。急性の症状はないけれど痛みが出ている場合などに、整骨院での施術を受けて痛みを緩和してもらうことが出来ます。

5.整体院、マッサージには資格はいらない

整体院やマッサージ院は、どのような院なのでしょうか。

整体師やマッサージ師になるのには、資格は要りません。よって、どのような人がみてくれるのかはわかりませんし、院によってそのサービス内容も異なります。

6.整体が向いているケース

整体やマッサージが向いているのは、交通事故後の痛みや症状がほとんど落ち着いて体調を整えたい場合などです。

整体やマッサージでは、治療や治療類似行為は出来ないので、通っても症状が改善されるとは限らないからです。

ケースに応じた通院先で適切な治療や施術を受けましょう。