対物賠償責任保険について

1 はじめに

車を運転する場合、どんなに注意を払っていても、交通事故に遭う可能性があります。このようなリスクに備えて、損害賠償保険には必ず入っておく必要があります。

もっとも、損害賠償保険には、意外とたくさんの種類があり、それぞれの区別について正確に把握している方は少ないです。

そこで今回は、交通事故損害賠償保険のうちでも任意保険の対物賠償責任保険について詳しく解説します。

2 対物賠償責任保険とは

対物賠償責任保険とは、交通事故の相手方に与えた物的な損害についての賠償金を補填してくれる保険です。

交通事故損害賠償保険としては、強制加入の自賠責保険がありますが、この自賠責保険では相手方が怪我をしたり死亡した場合の人身損害しか補償されず、物的損害については何らカバーされませんので、これについては自分で任意保険に加入しておく必要があります。

そして、この相手方の物的損害を補償するための保険が対物賠償責任保険です。

3 対物賠償責任保険で補償される範囲

対物賠償責任保険で補償されるのは、どのような損害なのでしょうか。

先にも述べたとおり、この保険は、交通事故で相手方に発生した物的損害を補償します。

具体的には、代表的なものが相手方の車の修理費用ですが、電柱やガードレール、建物などに衝突して損害を与えてしまった場合なども補償されます。

さらに、事故による間接的な損害に対しても保険金がおります。たとえば、相手がバスやタクシーなどであった場合の休車損害や、車を運ぶためのレッカー代、代車費用なども填補されます。

ただし、対物賠償責任保険はあくまで「相手方に発生した損害」を補填するための保険ですので、自分の損害は補償されないことには注意が必要です。

たとえば、交通事故で自分の車が破損した場合の修理費などは、対物賠償責任保険では填補されません。

4 対物賠償責任保険の限度額について

対物賠償責任保険への加入を検討する際には、その限度額が重要な考慮要素になります。

限度額とは、1回の交通事故で保険金が支払われる限度となる金額のことであり、限度額を超える損害については保険金が出ないことになります。

では、対物賠償責任保険の限度額は、どのくらいにしておくのが良いのでしょうか。

確かに、人身損害に比べると物的損害の額は低額になることが多いです。

しかし、相手方の車が高級外車などの場合修理費がかさむこともありますし、相手方がトラックなどで、高額な積み荷を積んでいてその賠償額がかさんだり、商店に衝突して商品破損や休業損害を補償しなければならなくなった場合など、数千万円以上の高額になることもあります。

このようなリスクを考えると、対物賠償責任保険についても、やはり無制限にしておくことが安心でしょう。

5 まとめ

以上、交通事故損害賠償保険のうち対物賠償責任保険について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

対物賠償責任保険は相手方の物的損害を賠償するための大切な保険です。できれば限度額を無制限にして万全のリスク回避対策をしておくことが推奨されます。