賃貸借契約上の諸問題

賃貸借契約は、売買契約と並んで、日常生活に不可欠な基本的な契約の一つです。また、賃貸借契約は、日常生活に密着している分、利害関係が対立しがちでトラブルも後を絶ちません。当事務所では、賃貸借契約に関する様々な案件を取り扱っております。次のような悩みやトラブルがございましたら、早期に弁護士に相談されることをおすすめします。

1 借主側の悩み、トラブル

  • 敷金・保証金が戻ってこない。または、思った以上に少ない。
  • 家賃が高いのでは?
  • 更新料が高いのでは? そもそも支払う必要があるのか。
  • 貸主から明渡しを求められた。
  • 貸主が提示した立退料が妥当かわかならい。
  • 借地上の自己所有の建物を売却したいが、地主が承諾してくれない。
  • 貸主に対し、造作や建物の買取請求をしたい。

2 貸主側の悩み、トラブル

  • 借主が家賃を滞納している。何とか回収したい。
  • 最近の判例の影響からか、更新料の支払を拒否され困っている。
  • 借主が無断で親族や第三者に転貸している。
  • 賃貸借契約を終了させて明渡を請求したい。
  • 立退きの正当事由があるか、立退料が妥当か相談したい。
  • 現状回復費用を請求したい。
  • 家賃を引き上げたい。
  • 貸主の相続人だが、他の相続人や借主に対する対応の仕方がわからない。
  • 定期借地権を設定したい。

無料相談受付中

交通事故のご相談は初回45分無料

土曜・夜間の相談も可能な限り対応

空きがあれば当日相談も可

その他一般のご相談のご説明はこちら