事業承継

事業承継とは、会社などの事業を後継者に引き継ぐことです。

事業承継は、複数の契約の集合体であることも多く、それぞれの契約内容について、経済的観点のみならず法的観点からも適正なチェックが必要です。

また、我が国の企業の大半を占める中小企業においては、良くも悪くも経営者の個人的力量・手腕、伝統の暖簾といったものが企業の実質的価値の重要な一部となっていることが多いといえます。

事業承継においては、客観的資産価値はもちろんのこと、このような有形無形のノウハウなどがどのように評価され、引き継がれていくかという側面も重要になってきます。

すなわち、承継する側も受ける側も、総合的かつ緻密な検討が必要ですから、できるだけ早い段階から弁護士をはじめとする専門家に相談することが望ましいといえます。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)