労働問題

労働事件では、会社に雇用される段階、雇用中、解雇ないし退職後といった時系列に応じて、様々な問題が発生します。

会社を相手に個人の労働者が立ち向かうためには、周到な準備と戦略が必要となります。

特に、労働審判という手続きを選択した場合には、事実上第1回目の審判で結論が左右されることが多いことから、弁護士によるアドバイスが欠かせません。

当事務所では、経験豊富な弁護士が対応し、一緒になって解決に向けてご助力いたしますので、安心してご相談ください。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)

無料相談受付中

交通事故のご相談は初回45分無料

土曜・夜間の相談も可能な限り対応

空きがあれば当日相談も可

その他一般のご相談のご説明はこちら