高次脳機能障害について

(1)高次脳機能障害とは

交通事故による高次脳機能障害とは、事故によって脳外傷を受け、その後認知障害行動障害、人格の変化などの症状が残存し、日常生活が制限される状態をいいます。

(2)症状

高次脳機能障害に特徴的な症状は、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、病識欠落、依存性・退行、欲求コントロール低下、感情コントロール低下、対人技能の低下、固執性、意欲発動性の低下等であると言われています。

(3)資料

後遺障害認定手続においては

  1. CT、MRI画像
  2. 医師による「頭部外傷後の意識障害についての所見」
  3. 医師による「神経系統の障害に関する医学的所見」
  4. 親族等による「生活状況に関する報告書」

等を提出します。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)