中小企業の社長をしていますが,会社に顧問弁護士がいません。

会社を経営していく上では様々な法律上のトラブルが生じます。契約,債権回収,不動産取引,労働問題その他です。こうしたトラブルは,未然に防ぐことがもっとも大切で,そのためには,いつも気軽に相談できる顧問弁護士を持っておくことが重要です。
万が一のトラブルに際しても,会社に精通した顧問弁護士は,迅速・適切に対応することができます。
また,顧問弁護士は,社内に法務部・総務課等の部門を常備するのに比べるとコストが低廉であり,中小企業にとっても適合性が高いといえます。
当事務所では,多数の顧問会社を抱える経験豊富な弁護士が,御社のお役に立ちます。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)