自筆証書遺言の方式緩和(民法(相続法)の改正)

現行法では、自筆証書遺言の場合、全文の自書が要求されており(法968Ⅰ)、遺言作成者にとって相当な負担となっておりました。

平成31年1月13日以降につきましては、現行の方式を緩和し、自筆証書遺言に添付する財産目録は自書でなくてもよくなり、財産目録の各頁に署名押印さえすればよいこととなります(新法968Ⅱ)。

遺言書の作成についてお悩みの方は、当事務所にご相談ください。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)