遺留分の放棄

遺留分とは、被相続人の相続財産について、一定の相続人に保障されている一定の割合をいいます。被相続人の相続開始前に遺留分を放棄するには、家庭裁判所の許可が必要となります(民法1049条1項)。

遺留分の放棄についての許可の家庭裁判所の新受件数は、昭和40年が759件、昭和60年が1271件、平成17年が1052件、平成27年1176件、平成30年が950件となっております(司法統計)。

遺留分や遺言などについてお悩みの方は、当事務所にご相談ください。

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)