銀行の貸金庫

銀行の金庫室の一区画のスペースを貴重品等の保管場所として使用する契約を一般に貸金庫契約といい、法律関係としては賃貸借契約となります。

貸金庫契約の借主が死亡した場合、金庫内の動産についての遺産分割が問題になることもあります。

銀行は、貸金庫の開扉を処分行為と捉え、相続人全員の印鑑証明書を求めます。遺産分割によって貸金庫の権利帰属が決定するより前に、共同相続人の一人から開扉の請求があっても、銀行はこれを拒否する取扱いとなっております。

お悩みの方は、当事務所にご相談ください。

 

この記事は弁護士が監修しております。

東京中央総合法律事務所 弁護士 河本憲寿(東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 河本智子(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 片野田志朗(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 堀裕岳(第二東京弁護士会所属)
東京中央総合法律事務所 弁護士 藤原寿人(東京弁護士会所属)