数字で見る交通事故 東京都江東区の交通事故 平成29年(2017)版

江戸初期からの開発地域だった江東区

江東区は埋め立て開発により発展した地域で、南北に約11.7キロメートル、東西に約7.2キロメートルあり、荒川、隅田川、東京湾などの河川や海に接しているのが特徴です。
東京都江東区は、昭和22年(1947年)に深川・城東の2区が合併して現在の東京23区のひとつとして生まれました。江東区は、もともと東京湾に注ぐ河川のデルタ地帯の一部で小島が散在しており、亀戸周辺に人が住んでいました。江戸時代になると森下周辺が新田開発されて、深川村や砂村新田もできました。また貯木場を永代島から現在の木場に移し、深川地区の埋め立てが進むと武家屋敷や寺社が移って遊興地としてもにぎわいます。一方、城東地区は江戸近郊の農地や行楽地としても知られていました。そして明治以降は工業地帯となっています。

平成29年の東京都の交通事故死者数は「164人」。都道府県別「ワースト3位」

最初に東京都の事故状況からご紹介します。政府統計『交通事故死者数について』(2017年調査)によると東京都の平成29年(2017年)の交通事故死者数は「164人」でした。
平成29年の都道府県別の交通事故死者数のワーストは愛知県の「200人」。ワースト第2位が埼玉県の「177人」。東京都はワースト第3位になりました。もっとも死者数の少なかった県は島根県の17人でした。
ちなみに、同年の全国の交通事故発生件数は「47万2,069件」です。全国の交通事故死者数は「3,694人」。負傷者数は「57万9,746人」でした。

東京都の交通事故発生状況

警視庁の発表によると、平成29年中に東京都内で発生した交通人身事故の発生件数は「32,763件」でした。都内の負傷者数は「37,994人」、死者数は「164人」でした。
前年の平成28年の交通人身事故は32,412件でした。また負傷者数は37,828人、死者数は159人でした。平成28年と比較して平成29年の東京都は、交通事故発生件数、負傷者数、死者数のすべてにおいて増加しています。

平成29年に江東区で発生した交通人身事故は「1,089件」

警視庁の「区市町村別交通人身事故発生状況」から、東京都江東区の交通事故を紹介しましょう。
平成29年、江東区で発生した交通人身事故の発生件数は「1,089件」です。江東区では「3日に1件」の割合で交通人身事故が発生していることになります。また東京都全域に対して発生件数の「約3.3パーセント」を占め、23区内では「約5パーセント」を占めています。
東京23区内の人身交通事故の発生件数を、本稿で独自にワースト順に並べたのが次の表です。

東京都23区別交通人身事故「発生件数ワースト順」(平成29年)

ワースト順位 区名 発生件数
1 世田谷区 2,092
2 足立区 1,714
3 江戸川区 1,395
4 大田区 1,348
5 練馬区 1,337
6 港 区 1,261
7 杉並区 1,184
8 板橋区 1,100
9 江東区 1,089
10 葛飾区 886
11 新宿区 862
12 中央区 790
13 品川区 761
14 千代田区 748
15 台東区 702
16 渋谷区 696
17 豊島区 652
18 目黒区 573
19 墨田区 536
20 中野区 530
21 北区 486
22 荒川区 403
23 文京区 390
- 23区計 21,535

江東区の負傷者数は「1,291人」

平成29年に江東区で発生した交通事故による負傷者数は「1,291人」でした。これは23区内でワースト9位の順位です。
これは「3.54日に1人」の割合で交通事故の負傷者が発生していることを意味します。
23区内で負傷者数が1番多かったのは世田谷区の2,431人。続いて足立区の1,919人、江戸川区の1,577人となっています。また負傷者数が一番少ない区は文京区の439人でした。
東京23区内の負傷者数を独自にワースト順にしたのが次の表です。

東京都23区別交通人身事故「負傷者数ワースト順」(平成29年)

ワースト順位 区名 負傷者数(人)
1 世田谷区 2,431
2 足立区 1,919
3 江戸川区 1,577
4 大田区 1,506
5 練馬区 1,544
6 港区 1,464
7 杉並区 1,371
8 板橋区 1,235
9 江東区 1,291
10 葛飾区 1,000
11 新宿区 976
12 中央区 896
13 品川区 862
14 千代田区 867
15 台東区 776
16 渋谷区 778
17 豊島区 726
18 目黒区 649
19 墨田区 630
20 中野区 588
21 北区 552
22 荒川区 454
23 文京区 439
- 23区計 24,531

江東区の死者数は「6人」

最後に江東区の交通事故死者数を紹介します。
平成29年に江東区内で発生した交通人身事故による死者数は「6人」でした。
江東区の死者数6人は、都内23区内のワースト順位では6位となっています。
ちなみに平成29年に1番、死者数が多かった東京23区は江戸川区で、死者12人でした。続いてワースト2位は足立区の10人、ワースト3位は板橋区の9人となっています。一方、目黒区では死者数ゼロを記録しました。
江東区を含めた東京23区内の死者数を独自にワースト順にしたのが次の表です。

東京都23区別交通人身事故「死者数ワースト順」(平成29年)

ワースト順位 区名 死者数(人)
1 江戸川区 12
2 足立区 10
3 板橋区 9
4 世田谷区 7
4 杉並区 7
6 江東区 6
6 葛飾区 6
8 港区 5
8 台東区 5
8 豊島区 5
11 練馬区 4
11 新宿区 4
11 品川区 4
11 千代田区 4
15 大田区 3
15 墨田区 3
17 中央区 2
17 渋谷区 2
17 荒川区 2
20 中野区 1
20 北区 1
20 文京区 1
23 目黒区 0
- 23区計 103

江東区の事故の特徴

江東区では平成29年の「江東区内交通事故統計表」を発表しています。
この統計表によると、江東区内では国道で交通事故が119件発生しました。その内、死者が1人、重傷者が5人、軽傷者が157人となっています。
主要都道での事故件数は336件。死者数は1人、重傷者は11人、軽傷者は396人でした。
一般都道での事故件数は146件。死者2人、重傷者6人、軽傷者178人でした。
区市町村道での事故件数は379件。死者ゼロ、重傷者6人、軽傷者404人でした。
その他での事故件数が109件。死者2人、重傷者2人、軽傷者125人となりました。

死者数を年齢層別で見ると、20~24歳で2人、25~29歳で1人、70~74歳で1人、75~79歳で1人、80歳以上で1人でした。
これらをまとめると、江東区の交通事故による死者は20歳代で3人、70歳以上で3人と、20歳代と70歳代以上の高齢者に集中していることがわかります。