民事訴訟(訴えられて民事被告になったら)

裁判所から訴状や調停申立書が突然送られてきたら、冷静さを失い、焦ってしまうのが普通だと思います。
このような書類が届くということは紛争の相手が書類を受け取ったあなたに対して裁判を開始したことを意味します。

当事務所では、思いがけず民事訴訟の被告になってしまった方の相談を受付けて、どのような対応を取ればよいのかサポートさせていただいております。

訴状や調停申立書には相手方の主張が記載されていますのでまずは、どのような内容の裁判が起こされているのか把握してください。

訴状や調停申立書を読むと、主張が一方的で納得できないなどの感情を持たれるかもしれません。このような主張に対して、反論していくことで裁判は始まります。訴状や調停申立書に記載されていること(原告の主張)は証拠がなければすべてが裁判所に認められるわけではありません。

裁判期日に欠席した場合は、相手方の主張が裁判所に認められてしまうことになりますので、放っておくことはできません。また、十分な準備をしないで裁判に臨むと不利な結果になることが考えられます。

訴状や調停申立書などが届きましたら、早めにご相談されることをおすすめいたします。