贈与税の申告内容の開示請求

他の相続人が被相続人から生前贈与を受けていたかどうかを調べる方法である、税務署長への贈与税の申告内容の開示請求(相続税法第49条第1項)をご紹介いたします。

相続等により財産を取得した者は、他の共同相続人等がある場合には、当該被相続人に係る相続税の期限内申告書等の提出に必要となるときは、他の共同相続人等が当該被相続人から相続の開始前三年以内に取得した財産等に係る贈与税の申告書に記載された贈与税の課税価格について、所轄税務署長に開示の請求をすることができるとされております。

遺産分割についてお悩みの方は、当事務所にご相談ください。