労働問題

労働問題は、企業にとっては多数の従業員との関係に関するものであり、従業員にとっては生活に直結するものであることから、双方にとって重要な問題となります。

残業代の問題、職場でのいやがらせなどといった日常的なものから、解雇、退職金といった双方にとって大変大きな影響のあるものまで様々な問題があります。

東京中央総合法律事務所では、労働問題についての経験豊富な弁護士が対応し、必要に応じて社労士やFPとも協働しながら問題の解決にあたります。

お気軽にご相談ください。